10期目が終わる

本日、当社の10期目が終わろうとしている。

28歳で起業、若かったからできた、若かったからできなかったこともある。

自ら望んで変化を仕掛け、その変化に悩み、苦しむ。

時代にマッチすればするほど、そのうねりは大きくなる。

10年間も何をやっているんだろう。何のためにやっているのだろう。

企業に就職したほうがやりたいことができるのではないだろうか。

やりたいことができなかったから、やめたのだろう。

いや、そのまま続けて入れば、できたかもしれない。

経営者だろうが社員だろうがそんなもの関係ない。

本気になれるものが見つかるかどうか。

見つかればラッキー、見つかれなければ見つけるまでただ頑張るだけだ。

私は運良く本気になれるものが見つかった。

本気で取り組む仲間と出会えた。

あとは、バカみたいに本気でやるだけだ。

実現できるかもしれないし、できないかもしれない。

所詮、結果論だ。

私にもっと能力があれば、ここまで来るのに10年もかかっていない。

それはしょうがない。

 

今、唯一言えること。

それは、「続けてきたこと」。

この時間軸に嘘はない。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s