日常業務で物事を瞬時に判断するための思考法

「三方よし」という近江商人の有名な格言があります。

これは「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」の三つの「良し」。売り手と買い手がともに満足し、また社会貢献もできるのがよい商売であるという心得です。

長期的なビジネスモデルを描くうえで欠かせない3つの関係性だと思います。

また他にも近江商人の「商売の心得十訓」とかもあります。

1 商売は世の為,人の為の奉仕にして,利益はその当然の報酬なり
2 店の大小よりも場所の良否,場所の良否よりも品の如何
3 売る前のお世辞より売った後の奉仕,これこそ永遠の客をつくる
4 資金の少なきを憂うなかれ,信用の足らざるを憂うべし
5 無理に売るな,客の好むものも売るな,客の為になるものを売れ
6 良きものを売るは善なり,良き品を広告して多く売ることはさらに善なり
7 紙一枚でも景品はお客を喜ばせばる
つけてあげるもののないとき笑顔を景品にせよ
8 正札を守れ,値引きは却って気持ちを悪くするくらいが落ちだ
9 今日の損益を常に考えよ
今日の損益を明らかにしないでは,寝につかぬ習慣にせよ
10 商売には好況,不況はない,いずれにしても儲けねばならぬ

5番目の「客の好むものも売るな、客の為になるものを売れ」なんて、新しい事業を創造するうえで非常に本質的な要素だと思います。

さて、少し話を戻しますが、私は経営者なので、「毎日様々な判断をすること」を役割として求められています。判断する内容は大きいものから小さいものまで様々ですが、日々の業務においていえば、ほとんどが冒頭に書いた「三方よし」の中に内包されていることがほとんどで、特に「世間よし」を「社会貢献」ととらえた場合は、ほぼ含まれます。

そのため、この「三方よし」が判断基準になりません。

そこで私は、まず「三方よし」の判断基準を以下3つに定めています。

「売り手良し」「買い手良し」「担当者良し」

「担当者良し」とは、その物事を進めてきた担当責任者のプロセス(過程)・考え方・熱量などを見ます。私は、その物事について「誰よりも考えた人」の判断は尊重するようにしています。なぜなら、そのほうが成功確率が高いのと、たとえ失敗したとしても、誰よりも考えたその担当者の次回の成功確率は高まると思うからです。

上記の3点を判断基準と設定したうえで、各点におけるそれぞれの事項をベクトル化していきます。

例えば、買い手の視点で、判断する物事の関係事項を書き出しいき(頭の中で)、買い手にとってのメリット・デメリットをあげていきます。それを足していき、買い手のベクトルを決めます。そのベクトル化を「売り手良し」「担当者良し」の視点でも同様に行います。

そして最後に、各視点のベクトルの内積を行い、向かいたい方向とあっているかを考え判断します。同じ方向に向いているならOK、違う方向に向いているなら却下というようなイメージです。

そんなことを考えながら判断していますが、この思考を瞬時にするために、判断をする時に考えることと、常に考えておくことを2つに分けておきます。

・判断をする時に考えること=「売り手良し」、「買い手良し」

・常に考えておくこと=「担当者良し」、「向かいたい方向」

常に考えておく事を定めることで、判断時間を短縮します。

日々思考法は変化しますが、今自分の中で一番フィットする思考法はこんな感じです。

本当は頭の中を図で表現しようと思いましたが、さすがに時間がかかりそうなのでやめておきましたw

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s